スタッフブログ

2018/07/03

近代建築の旋風 フランク・ロイド・ライト

私の今のお気に入りは、「半分、青い。」そう、NHKの朝ドラです。1980年代再来の演出で、街並みの再現は勿論のこと、ボディコンなど流行の要素が巧みに組み込まれています。友情、親子愛、家族愛、郷土愛が垣間見える展開の人情的な中にもコミカルなところが織り込まれ、毎日の進展が楽しみでたまりません。ヒロイン鈴愛(すずめ)の「どんな環境でも常に前向きに生きる」その姿には、勇気をもらいます。
 
 ヒロインの師・漫画家の秋風先生のキャラと共に、仕事場のデザインがとても上手で、細部にわたり作り込まれているなと見入っています。先生のデスクの右側にあるスタンド、木製のタワー状になった素敵なデザインの照明器具が目に留まったでしょうか? 20世紀・近代建築の巨匠「米国の建築家 フランク・ロイド・ライト」がデザインしたものです。皆さんも一度は耳にされたと思うライト。日本では帝国ホテル(明治村に移築)や芦屋市のヨドコウ迎賓館(山邑邸)、西宮市の甲子園会館(旧甲子園ホテル)など身近な所にもあり、今なお、私達はライトの世界に足を踏み入れることができます。

 中でも帝国ホテルは、1919年に着工すると、タイルから調度品の木材まで全てをライトが監理したといわれています。当時日本では、スクラッチタイルやテラコッタ、クリンカータイルなどをほとんど作っていなかったので、新たに「帝国ホテル煉瓦製作所」(INAX社の前身)を創り施工に当たったと聞きます。
またライトは、日本の文化に興味があり、浮世絵のコレクターでもあったそうです。大地や自然と融合する建築を目指したライトと自然との繋がりを大切にする日本の建築的思考は近いものがあったのかもしれません。アメリカ以外でライトの建築物があるのは日本とカナダだけということもうなづけるというものですね。
 1867~1959年の92年の生涯、近代建築の新しい風を
吹き込んでくれたライト。秋風先生も当時の漫画界の旋風。
ライトと同じくして、ライトだけにライトで表現なさって
いるのでは???、「やるね~プロデューサー!!!」と、
一人妄想する橋本です。

                   橋本 良一

2018/07/03

2018年6月号答えあわせ

7月がスタートしました!
ジメジメと梅雨の蒸し暑さが残りますね…
6月の数独パズルは初級編!
スッキリ解けたでしょうか??


それでは答えあわせです
↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓



来月号もお楽しみに!

2018/06/16

6月のおはなし なんだろな♪♪

梅雨入りしましたね…
6月のえほんのじかんはこの時期らしい
雨の日のおはなしやカエルにカタツムリが出てきましたよcheekylaugh


今日はえほんのじかんに初めて来たお友達もheartheart
ご参加ありがとうございますheart

♪カエルの歌が聞こえてくるよ♪


こんなお口が動く可愛いカエルさんや、、、laugh

ゲコッ ゲコッと鳴き声のするカエルさんもsmiley
おもしろいねsurprise


紙芝居『ゴロゴロゴロン』


パネルシアター『ヤダットちゃん』
♪やだやだやだやだ ヤダットちゃん♪ 
楽しいお話だったねsmiley


新しいお友達とも出会えて仲良くなれたかなblush
また一緒に遊びに来てくださいね!


次回は7月14日(土)10:30~です。

 

2018/06/01

パプリカとほうれん草のキッシュ

今月は、パプリカとほうれん草のキッシュですsmiley
パイ生地を使わず簡単に♪ 鶏のささみでヘルシーに♪
お子様やおもてなしメニューにいかがでしょうかheart

2018/06/01

“音”の問題

   第7回を迎えましたHASI HAUSのMarktは、あいにくの雨模様でしたが、お陰様で盛況の内に終えることが出来ました。多くのご来場の方々、そして各地からお集まりいただきました人気の出店者の皆様。そして、協力業者の皆さん、弊社スタッフ。皆さんのお力添えに心より御礼申し上げます。

  先日、ある学校より防音についてご相談がありました。室内で話している内容が、廊下まで聞こえ困っているとのことでした。建築業界には、防音専門の業者さんもあります。コンサートホールから自宅のピアノ室に至るまで、専門的かつ総合的に施工する業者さんです。
音は、空気音や固体音、高音や低音など突き詰めると複雑に絡み合っているので、全方位に向け防音するには相当の技術が必要で工事費用も高額になってしまいます。学校の限られた予算の中で、費用対効果を考え、音対策に悩みまくっている橋本です。

 音というのは厄介なときもあり、マンション住まいでは、音トラブルをよく聞きます。上階の子供のドタバタ音、お隣から聞こえる楽器音、防音機能の低い場所では、会話や排水音、ドアの開閉音までも筒抜けの所があります。また、昼夜を問わない生活スタイルの多様化の中、こうした音問題は、人間関係までも損ないかねません。

 戸建て住宅においても、隣家と壁一枚ということはないですが、道路からの車音、鉄道や踏み切り音、外部から聞こえてくる様々な音は困り者です。これらを極力排除する為に、弊社では使用部材の選定にこだわり、開口部(サッシ)を工夫すること、隙間風を感じない気密性の高い家にすることで、外部からの雑音を抑えることが可能となりました。雨の音も気づかなくて、洗濯物の取り入れが遅くなってしまった・・・なんてお言葉を頂くこともあります。
また、家の中の音が、外に漏れにくいのもいいことですね。子供の鍵盤ハーモニカやリコーダーのたどたどしい練習も、思いっきりさせてやれますよ。(笑)
                                         橋本 良一

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.0773-27-1505

スタッフブログ&アトリエ教室

スタッフブログ

弊社へのお客様の声

私たちは、お客様からいただいた全てのお声を大切にします。

  • お客様の声

ページの先頭へ戻る