スタッフブログ

2018/07/03

近代建築の旋風 フランク・ロイド・ライト

私の今のお気に入りは、「半分、青い。」そう、NHKの朝ドラです。1980年代再来の演出で、街並みの再現は勿論のこと、ボディコンなど流行の要素が巧みに組み込まれています。友情、親子愛、家族愛、郷土愛が垣間見える展開の人情的な中にもコミカルなところが織り込まれ、毎日の進展が楽しみでたまりません。ヒロイン鈴愛(すずめ)の「どんな環境でも常に前向きに生きる」その姿には、勇気をもらいます。
 
 ヒロインの師・漫画家の秋風先生のキャラと共に、仕事場のデザインがとても上手で、細部にわたり作り込まれているなと見入っています。先生のデスクの右側にあるスタンド、木製のタワー状になった素敵なデザインの照明器具が目に留まったでしょうか? 20世紀・近代建築の巨匠「米国の建築家 フランク・ロイド・ライト」がデザインしたものです。皆さんも一度は耳にされたと思うライト。日本では帝国ホテル(明治村に移築)や芦屋市のヨドコウ迎賓館(山邑邸)、西宮市の甲子園会館(旧甲子園ホテル)など身近な所にもあり、今なお、私達はライトの世界に足を踏み入れることができます。

 中でも帝国ホテルは、1919年に着工すると、タイルから調度品の木材まで全てをライトが監理したといわれています。当時日本では、スクラッチタイルやテラコッタ、クリンカータイルなどをほとんど作っていなかったので、新たに「帝国ホテル煉瓦製作所」(INAX社の前身)を創り施工に当たったと聞きます。
またライトは、日本の文化に興味があり、浮世絵のコレクターでもあったそうです。大地や自然と融合する建築を目指したライトと自然との繋がりを大切にする日本の建築的思考は近いものがあったのかもしれません。アメリカ以外でライトの建築物があるのは日本とカナダだけということもうなづけるというものですね。
 1867~1959年の92年の生涯、近代建築の新しい風を
吹き込んでくれたライト。秋風先生も当時の漫画界の旋風。
ライトと同じくして、ライトだけにライトで表現なさって
いるのでは???、「やるね~プロデューサー!!!」と、
一人妄想する橋本です。

                   橋本 良一

2018/06/01

“音”の問題

   第7回を迎えましたHASI HAUSのMarktは、あいにくの雨模様でしたが、お陰様で盛況の内に終えることが出来ました。多くのご来場の方々、そして各地からお集まりいただきました人気の出店者の皆様。そして、協力業者の皆さん、弊社スタッフ。皆さんのお力添えに心より御礼申し上げます。

  先日、ある学校より防音についてご相談がありました。室内で話している内容が、廊下まで聞こえ困っているとのことでした。建築業界には、防音専門の業者さんもあります。コンサートホールから自宅のピアノ室に至るまで、専門的かつ総合的に施工する業者さんです。
音は、空気音や固体音、高音や低音など突き詰めると複雑に絡み合っているので、全方位に向け防音するには相当の技術が必要で工事費用も高額になってしまいます。学校の限られた予算の中で、費用対効果を考え、音対策に悩みまくっている橋本です。

 音というのは厄介なときもあり、マンション住まいでは、音トラブルをよく聞きます。上階の子供のドタバタ音、お隣から聞こえる楽器音、防音機能の低い場所では、会話や排水音、ドアの開閉音までも筒抜けの所があります。また、昼夜を問わない生活スタイルの多様化の中、こうした音問題は、人間関係までも損ないかねません。

 戸建て住宅においても、隣家と壁一枚ということはないですが、道路からの車音、鉄道や踏み切り音、外部から聞こえてくる様々な音は困り者です。これらを極力排除する為に、弊社では使用部材の選定にこだわり、開口部(サッシ)を工夫すること、隙間風を感じない気密性の高い家にすることで、外部からの雑音を抑えることが可能となりました。雨の音も気づかなくて、洗濯物の取り入れが遅くなってしまった・・・なんてお言葉を頂くこともあります。
また、家の中の音が、外に漏れにくいのもいいことですね。子供の鍵盤ハーモニカやリコーダーのたどたどしい練習も、思いっきりさせてやれますよ。(笑)
                                         橋本 良一

2018/05/01

FOR FRESHER

この4月、新しく女性建築士が入社し、私にとってとてもうれしい春となりました。
元気で素直で明るい!全てがフレッシュです。若いとはとてもいいことで、緊張の中でも前向きに取り組む姿は、他のスタッフにも好影響をもたらせてくれます。早く会社に慣れ、仕事を覚えてもらうべく、各部署のスタッフと新人研修をしていますが、その中でもお互いが学び合うことがあると思います。仕事を通して、お客様や周りの人に喜んでいただける社会人になれるよう、楽しく励みながら研鑽を積んで欲しいものです。
 私も、かれこれ37年前、諸先輩から叱咤も合わせ、教えを受けたことを思い出します。その人に直接お返しする事が出来なくとも、次なる人に向かうことで、人のつながりは、上手く流れていくものだとつくづく感じている橋本です。

   追伸。50年近く続いている弊社での献血活動。今年は5月18日金曜日(AM10:00~12:00、PM13:00~15:30)に実施します。毎年多くの方のご協力の下、赤十字、しいては、輸血を必要とされている方に喜んでいただいています。これも意義のある貢献と、今後も取り組んでまいりますので
宜しくお願い申し上げます。

     
                                 橋本 良一
                                                             

2018/04/02

色のチカラ

  冬季オリンピック、ピョンチャン! たくさんのメダルと共に、何度も日の丸が掲げられましたね。そこでふと、「日の丸」の由来は?と思い調べてみました。源氏と平家の戦いでは、源氏の旗が白地に赤丸、平家の旗が赤地に金の丸、源氏が戦いに勝ち天下統一の象徴として受け継がれてきたという説があります。また国旗の赤い丸は太陽を表しているそうで、農耕民族である日本人の文化や風習にも関わっていることでしょう。過去には、フランス、イギリス、オランダからこの洗練された美しいデザインを売って欲しいと言わしめたそうです。
「紅白」ってなんて縁起がいい国旗!単純に思ってしまう橋本です。

 私達の身の回りには、いろいろな色がありますね。動物や植物のように自然界の色もありますが、われわれが人工的に作り出すものもあります。その中には、衣食住にまつわるものがありますね。色とりどりに着飾るファッション、食材の色を巧みに操り食欲をそそる盛付。色使いには、その一つひとつに込められた意味や目的があり、効果があるようです。代表的なのがバーゲンセールの赤色。購買意欲を20%上げる事がわかっているそうです。

 住まいの部屋にはそれぞれの目的があります。ゆっくり安らぎたいとか、アクティブに活動したいとか、気分を上げたいとか。これらも、カラーコーディネ-トによってそれぞれの効果をあげることが出来ます。色の感じ方には個人差もありますが、統計上の傾向も研究され続けています。豊かに生活するために、色の特色を調べ活用するのも楽しいと思います。

 因みに、HASI HAUSのコーポレートカラー(企業イメージ色)は青です。この色は、地球、大空、海、水、自然界を表現していることもありますね。また、精神を落ち着かせてくれ冷静沈着を表す知性の色で、迷いや悩み事を解決したいときに効果を出してくれるそうです。
ポジティブなイメージとして「信頼」「誠実」があり、特に濃い青は「仕事運」や「成長運」にも密接に関係しているそうです。だから、この色を使用する企業も多いと聞きます。色のイメージだけではなく、実態もそれに伴い双方で染め上げていくべく精進いたします。
                                           橋本 良一

2018/03/02

努力と技術力

 小雪舞い込む屋根裏部屋の真っ暗な早朝5時。アラーム音で現実に引き戻され、それから一日が始まる。厨房での朝食準備から始まり、お客様への配膳、ホールでの接客、その後、客室の掃除とベッドメイキング、休む間もなく昼食の準備、ホールの接客が終わるのが午後の1時半。その日初めての賄いを詰め込み、そそくさと山頂へ。全長3kmのコースを止まること無く一気にバイト仲間とホテルまで競争!引き続き、夕食準備とホールの接客。2度目の賄いを終えるのが午後9時過ぎ。やっと一日が終わるといった、私のスキー場でのバイト。学生時代、冬は40日以上のスキー場生活を2年間送り、冬期オリンピックが他人事ではない橋本です。

  ジャンプやコブコブの急斜面、衝撃を膝で吸収しながら滑り降りる、あのモーグル競技が堪りません。昔を思い出すのです。おっと、つい盛り過ぎました。腕前は、五輪選手の足元にも及びませんが、当時の競争が懐かしく思い出されます。

 話は戻って五輪。モーグル競技で有名な上村愛子さんのファンであることをまずはカミングアウトしておきます。スキーに限らずどんな競技でも選手の技術力とメンタル力は、我々素人には到底計り知れない努力が必要と推察します。合せて、道具も選手のスキルアップには欠かせないと!

 今のモーグル選手、世界のトップ10のうち8人までが同じメーカーのスキー板を使用しているとか!なんとその板は、大阪の社員4名の会社でプロデュースされているらしく、コブコブでの板のバタツキを押える為に板やエッジに工夫を凝らし、丈夫さとしなりを両立させたことで、他社の追随は難しいようです。この会社の社長が、上村愛子さんを勝たせる為に作り始め、愛子さんが引退するまで他の選手には履かせなかったとも。余程、ずば抜けた技術力なのでしょう。選手だけではなく、「ものつくりニッポン」の製品も五輪に挑戦している話をネットで見つけた私は、「陸王」と重ねあわさずにはいられない、涙もろい中小企業のオヤジです。
 私どもの『住まい創り』もお客様のご要望にお応えできるよう、ご満足いただけるよう精進してまいります。                                  橋本 良一
                                              

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.0773-27-1505

スタッフブログ&アトリエ教室

スタッフブログ

弊社へのお客様の声

私たちは、お客様からいただいた全てのお声を大切にします。

  • お客様の声

ページの先頭へ戻る