スタッフブログ

2018/01/07

新年のご挨拶

「新年明けましておめでとうございます。

                              本年もどうぞよろしくお願い申し上げます」

 

 皆様には、ご家族お揃いで良き年をお迎えになった事とお慶び申し上げます。皆様の喜びごとが多き一年でありますようお祈りいたします。

 

 お正月、伏見稲荷への初詣は、幼少の頃より続く家族恒例の行事となっています。

日本で一番多い神社はお稲荷さんらしく、名前の由来は字のごとく「稲が生る」豊穣を祈願して鎮座されているのはご存知の通りです。後、商売繁盛、家内安全、学力向上等様々な祈願ができるようになったそうです。稲荷神社で気になる存在は、狛犬ならぬ狛狐「びゃっこさん」。稲荷大神様のお使いとされ、神様同様私達には見えない存在なので白狐とされているらしいですよ

 

  商売繁盛のお稲荷さんのお使いは、狐。一般的に狐は人を化かすのが上手いといわれていますが、私が思うに化かすのではなく、次々変化する適応性があるのだと思います。時代に合せ、適応していくことの必要性を教えてくれる「びっこさん」今後信心するだけでなく、飛び跳ねる様子も真似たいものです

 平成30年、私どもHASI HAUSは、より一層お客様に満足していただけるよう精進してまいります。                                                

                                          橋本 良一

2017/12/01

健康と住宅の快適環境について

 先日、建築士の講習会に参加してきました。
そこで気になった内容を紹介します。健康は万人が望む、最も大切なこと。病に苛まれる事なく歳を重ねることは、何にも代えがたいことですね。自分がいくら気をつけていても、環境が作り出す病気もあるようです。
 住宅の快適室内環境を作る要因は、温熱環境、空気質、光環境、音環境、空間の5つに分類されており、これら各性能が優れている事が、住む人の健康維持促進に大きく関わるそうです。国土交通省は研究委員会を作り、研究成果の発表を進めています。
 
 住宅の断熱性能に着目したアンケート(一万軒対象)によると、性能の高い家に住み替えた人は、各種疾病に罹っている割合が改善されているとのこと。それによって、医療費と休業損失が軽減されるという経済効果が出ているそうです。基準を満たす家にする為に、外壁、屋根、床の断熱化と複層ガラスの採用には約100万円の初期投資が必要です。
光熱費の削減だけでは、投資の回収に28年かかるのに対して、医療費と休業損失を勘案すると16年、健康保険まで加味すれば、11年で投資回収できるとされています。設備投資のリターンも大切ですが、健康で生活できる時間は、何よりも価値のあるものだと改めて実感しました。

 HASI HAUSの地熱循環システムを採用した家では、断熱性能において2020年基準をクリアーできる仕様にしており、安堵と共に自信を持ちました。今後も、人にも環境にも優しい住まいづくりを進めてまいります。    
 
 今年も大変お世話になりましたこと、心より御礼申し上げます。来年も健やかにお過ごしになりますようお祈りし、ご挨拶と致します。よき年をお迎えくださいませ。                                           
                                                                                              橋本 良一

2017/11/16

空き家サポート

  今回は、ちょっとお堅いお話。国の住宅政策の方向性についてです。
 

少子高齢化、人口や世帯数の減少、環境問題、空き家対策などなど、住宅、住まいに関する環境が変わろうとしています。これらの問題解決のために「住生活基本計画」が全国計画と都道府県計画との両面から策定されました。住生活の安定と確保を促進するため、数値目標を掲げ進められています。
 

 若年世代の住宅取得、空き家への対応など様々な施策がありますが、中でも、ストック住宅(既存の家)の活用方法が注目されています。すごろくのように、住宅に代々住み続けたり、その時々の家族構成に伴って住み変わったりするためには、維持管理やリフォームを行い、建物を質の高いものに変え、資産としての価値を上げていくことが大切です。
 

 ストック住宅について考える時、空き家問題の話を避けては通れません。人が住まなくなった家は、価値を上げるどころか下がっていきます。住むに住めなくなった空き家は、数年後4軒に1軒になると言われ、15年~20年後には3軒に1軒になるとも言われています。過疎地帯では、この数字が更に膨らむこととなるでしょう。
 

 空き家には、色々な問題が潜んでいます。浮浪者や動物が住み着いたり、火災の発生やゴミ屋敷と化する危険性もあるでしょう。1軒の空き家でも周辺の住民には、大きな影響を与えることもあり、ややもすると、周辺の環境や価値は下がってしまいます。
 

 私達の仕事は住まいを新築したり、リフォームしたりする事ですが、今後は空き家サポートにも取り組んでまいります。人が不在でも、定期的な管理をすることで住まいと環境を守っていくことも、我々住宅建築に関わるものの使命だと思います。
 

              橋本 良一

2017/09/30

「1秒の言葉」

 秋の夜長、穏やかに流れる時をお楽しみのことでしょう。時は一秒、一秒の連続。
秒針は、一定のようで一定ではなく、ある時は先を急いたようにも感じ、ある時は、大切に積み重ねるように刻む。人の心はその一秒の中で、周りの人と共に揺れ動くことでしょう。
 
 1984年ラジオCM、その後、1995年と2008年の2回のTVCMで放映されたSEIKO(服部セイコー)のCM「1秒の言葉」小泉吉宏氏(作)が心に染みたので紹介させて頂きます。
「はじめまして」 この一秒ほどの言葉に、一生のときめきを感じる事がある。
(人との出会いに一生懸命接する覚悟と準備があるからこそ、この一言がときめいたものに感じるのでしょう)
「ありがとう」   この1秒ほどの言葉に、人の優しさを知ることができる。
(ひとから受けた思いやりや温かさがどれだけ次に進むエネルギーになるか何度も経験してきたからこそ、心から感謝できる)
「ごめんなさい」 この1秒ほどの言葉に、ひとの素直さを見ることができる。
(守らなければいけないものや責任をはっきり自覚しているからこそ、自分を捨てて,頭をさげることができる)
「がんばって」  この1秒ほどの言葉で、勇気がよみがえってくることがある。    
(最後の最後は、自分でしか壁は乗り越えられないことが分かっているから、言葉をかけたくなる)
おめでとう」 この一秒ほどの言葉で,幸せに溢れることがある。               
 (全力で物事にぶつかり成し遂げる事が、どれだけ大変か!知っているからこそ、心の底から人を祝福できる)
一秒ほどの言葉に喜び、一秒ほどの言葉が胸を打つ。時間と共に人との出会いを大切にしたいものですね。素敵な時間をお過ごしください。
                                          橋本 良一

 

2017/09/14

「宇宙と地域創生」

  先日、福井工業大学同窓会 京都支部設立総会に参加してきました。
70名近い参加で、多くの方々と交流を深めることができました。来賓として、学長、理事長、学校関係者、他の支部の役員の皆様も駆けつけお祝いくださいました。
 
その時のお話で、超小型人工衛星の平成31年度打上げを目指す「県民衛星プロジェクト」「FUKUI PHOENIX PROJECT」が始動し、『宇宙』を新しいブランドとする地域創生への挑戦が始まっていることを知りました。
 
北陸最大で直径10mのパラボラアンテナなどをキャンパスに備え、宇宙環境を利用した研究ブランドの確立を目指す福井工業大学が、地域と連携しながら「宇宙研究」「観光文化研究」「地域振興研究」の3つの研究に沿った事業を推進するそうです。そして、『宇宙』を福井の新たな地域イメージとして定着させることで、観光や文化、地域産業の振興を目的とされていることを知り、今後の展開が楽しみになりました。
 
なにやら、その熱っぽいお話に、私は、池井戸潤氏の「下町ロケット」が重なり、感動で涙したことを思い出した初総会となりました。
  今後末永く続きますように!


 橋本 良一

 

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.0773-27-1505

スタッフブログ&アトリエ教室

スタッフブログ

弊社へのお客様の声

私たちは、お客様からいただいた全てのお声を大切にします。

  • お客様の声

ページの先頭へ戻る