スタッフブログ

2018/03/02

努力と技術力

 小雪舞い込む屋根裏部屋の真っ暗な早朝5時。アラーム音で現実に引き戻され、それから一日が始まる。厨房での朝食準備から始まり、お客様への配膳、ホールでの接客、その後、客室の掃除とベッドメイキング、休む間もなく昼食の準備、ホールの接客が終わるのが午後の1時半。その日初めての賄いを詰め込み、そそくさと山頂へ。全長3kmのコースを止まること無く一気にバイト仲間とホテルまで競争!引き続き、夕食準備とホールの接客。2度目の賄いを終えるのが午後9時過ぎ。やっと一日が終わるといった、私のスキー場でのバイト。学生時代、冬は40日以上のスキー場生活を2年間送り、冬期オリンピックが他人事ではない橋本です。

  ジャンプやコブコブの急斜面、衝撃を膝で吸収しながら滑り降りる、あのモーグル競技が堪りません。昔を思い出すのです。おっと、つい盛り過ぎました。腕前は、五輪選手の足元にも及びませんが、当時の競争が懐かしく思い出されます。

 話は戻って五輪。モーグル競技で有名な上村愛子さんのファンであることをまずはカミングアウトしておきます。スキーに限らずどんな競技でも選手の技術力とメンタル力は、我々素人には到底計り知れない努力が必要と推察します。合せて、道具も選手のスキルアップには欠かせないと!

 今のモーグル選手、世界のトップ10のうち8人までが同じメーカーのスキー板を使用しているとか!なんとその板は、大阪の社員4名の会社でプロデュースされているらしく、コブコブでの板のバタツキを押える為に板やエッジに工夫を凝らし、丈夫さとしなりを両立させたことで、他社の追随は難しいようです。この会社の社長が、上村愛子さんを勝たせる為に作り始め、愛子さんが引退するまで他の選手には履かせなかったとも。余程、ずば抜けた技術力なのでしょう。選手だけではなく、「ものつくりニッポン」の製品も五輪に挑戦している話をネットで見つけた私は、「陸王」と重ねあわさずにはいられない、涙もろい中小企業のオヤジです。
 私どもの『住まい創り』もお客様のご要望にお応えできるよう、ご満足いただけるよう精進してまいります。                                  橋本 良一
                                              

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RSS

お電話でのお問い合わせはこちら Tel.0773-27-1505

スタッフブログ&アトリエ教室

スタッフブログ

弊社へのお客様の声

私たちは、お客様からいただいた全てのお声を大切にします。

  • お客様の声

ページの先頭へ戻る