ブログ

弊社スタッフが綴るHASI HAUSブログ

一覧
へ戻る

2021
05.07

退職のご挨拶

 退職にあたり、自身の建築に対する関わりを振り返ろうと思います。

 昭和54年に大学の建築学科を卒業し、京都市の設計事務所に就職しました。そこは構造設計が主な仕事で、自分としては意匠設計がやりたかったため1年足らずで退所しました。
 その後、兄の紹介で丹後の設計事務所に入ることができました。そこでは官庁物件の小中学校校舎、体育館、保育所、民間物件では旅館、特定郵便局の仕事などがあり、その設計メンバーに加わり、打合せ、図面作成、積算、現場監理の一連を約8年ほど勉強させてもらいました。
 その後独立し、丹後に設計事務所を設立しました。主に、前事務所からの現場監理の仕事で大阪防衛施設局(現防衛省)の経ケ岬の航空自衛隊のレーダー基地(約2年間)、舞鶴海上自衛隊の総監部、教育隊の隊舎、庁舎、厚生施設、特殊なものでは雁又(かりまた)地区での飛行場の管制塔、整備格納庫などの建築に対する現場監理(防衛省の現場監理は、土木、電気、通信、設備にそれぞれ現場監理が付きます)を約8年間、舞鶴まで通いました。その後約1年間、愛知県豊田市で図面作成の派遣社員として仕事をし、事情があって丹後に戻り、仕事探しを始め平成23年12月、橋本工業に入社しました。
 
 橋本工業での主な仕事はお客様のご要望を聞き、プラン作成、実施図面の作成及び申請でした。お客様のご要望通りに設計することは、大変難しく頭を悩ませることもありましたが、竣工しお客様に喜んでいただいた時には、大変嬉しくやりがいを感じました。

 さて、長々と述べましたが、去る4月25日にて10年余り勤めてまいりました橋本工業を無事定年退職いたしました。入社以来、今日まで大過なく責務を果たすことができましたのは、ひとえにお客様、職場の仲間、棟梁、多くの職人さん達の協力あってのことと感謝いたします。改めて御礼申し上げます。
 当分は休養し、第二の人生の計画を立てたいと思います。
 謹んで永年のご厚情を感謝し、退職の挨拶といたします。
                                 設計 田中 良男

資料請求

無料

家づくりに役立つ
資料をお送りします

家づくりに役立つ資料